簡単すぎる!テントに薪ストーブの煙突穴設置方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加

アウトドア大好き!初心者キャンパーの秘書です。

新しく購入したテントグロッケ12t/cに、Winnerwell Nomad View薪ストーブをつけたのでレポります!!

準備するもの

  • えんぴつ
  • カッター
  • ハンダゴテ
  • 煙突穴
  • テント
  • ストーブ
  • 焼き付き防止潤滑剤

準備したテントはこちら

ストーブはこちらを用意。

 

煙突穴はこちら

テント組み立て

まずは組み立てます!
まずはグランドシートを敷きます

グランドシートはこちらを使用。

グランドシートに合わせてテント本体を設置。
ペグを固定して真ん中にポールを立てました。

はい。
広げたらこんな感じです。

出来上がり!!
テント自体の設営はそんなに難しくありません。

さてさて、問題はここから。
こちらのテントはストーブの煙突の穴がないタイプなので自分で作らなくてはなりません。

煙突用の穴を開ける

1.煙突を通す場所を決め、内径の枠を形どる。

鉛筆で内径の輪郭とネジ穴の場所を印します。

2.カッターで穴をあける

書いたとおりにカッターでテントに穴を開けていきます。


ネジ穴は100均のハンダゴテで開けました。

はい、こんな感じにあきました。

穴をあけるので失敗はできません。
注意して開けましょう。

うーん、、こんな感じかな?

ネジ穴が小さかったのでさらに大きくしました。

3.煙突穴を外に出す

煙突用のゴム栓?を外側に出して

内側に、さきほど内径を測った金具をあてがいます

4.ネジでとめる

外と中が合わさったらネジで止めていきます。

外から見るとこんな感じです。

うまくつけられました。

5.煙突を組み立てる

煙突を組み立てていきます。
組み立て式なので、接合部分に焼き付き防止潤滑剤を塗ります。中側に塗った方がはみ出なくて綺麗ですね。

使用したのはこちら。

6.煙突穴に煙突を通す

7.完成!

はい、できましたーっ!!


時間もさほどかかりませんでした。

薪ストーブ、しっかり燃えています!

あったかい♡

まとめ

思ったより簡単にできました!

穴を開ける時が一番緊張ですが、それ以外はなんてことないです。

テントを畳む時も、煙突穴はそのままでちゃんとしまうことができました。

これで次回もまた使えます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA