万座プリンスホテルと万座高原ホテル、どっちに泊まったらいいの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

万座温泉に行くことりなりました。

その際、万座プリンスホテルと万座高原ホテルとどちらに泊まったらいいのか悩みました。

どちらもプリンスホテル系列。

色々調べた結果、万座高原ホテルに宿泊したのですが、万座プリンスホテルの温泉も入ってきたので比較してレポりたいと思います!

万座温泉とは?

白根山の懐、標高1,800mに位置し、濁河温泉とともに、
通年自家用車で行くことができる日本最高所の温泉で
「星に一番近い温泉」として知られています。
また、世界の三大長寿地帯に酷似した環境で日本有数の
高山温泉としても有名です。昔から豊富な湯量で、
泉質は27種類を数え、効能も多彩で多くの難病を治したという
逸話も数多く残っています。

標高の高い位置にある万座温泉。硫黄濃度は日本一!

草津温泉の先にあり、群馬県の端っこにあります。
草津と違い数軒のホテルしかない山奥なので、夜は光が少なく星がキレイなのです。

しかし、ホテルしかないので晩御飯などはホテルで食べるしかない。
ご飯もホテルを選ぶポイントになってきます。

あと、どちらも混浴です。ご注意ください。

万座プリンスホテル

万座プリンスホテルは私をスキーに連れてってのロケ地!

知ってる世代は懐かしめるかも。

プリンスホテルなのでサービスも安心、ホテルは年数が経ってますが比較的綺麗でした。

温泉

ご覧の通り、女性用4つ、男性用3つ、混浴1つの計8つ。

なんと男子の露天風呂が混浴の隣にふたつ‥

↑の写真の手前が混浴、奥二つが男性風呂です。

混浴のすぐ隣に男子風呂があり、「これより先男性のみ」の立て札がありました。

これ、何の意味があるのかよくわからなかった。
だって丸見えじゃないですか‥
むしろ混浴にすればいいのに。

混浴は1種類のみで、そんなに広くないです。
女性の露天風呂は囲いに囲われてるのがひとつ。

高台にあるので景色はいいですが、高原ホテルと景色は変わらないように思います。
混浴にタオルは必須で、湯浴み着も販売しています。
バスタオルのレンタルは100円でした。
高原ホテルと共用で使えるので1枚のみレンタルすればどちらで借りてもどちらで返してもOK。

成分・泉質

硫黄成分を多く含む万座温泉の源泉「姥湯」を使用しています。

食事

食事はビュッフェの他、西洋料理、和食のレストランがそれぞれあります。
万座高原ホテルがビュッフェしかないので、食事の点ではプリンスホテルの方がポイント高いですね。

万座高原ホテル

同じくプリンスホテルの系列店。

今回はこちらに宿泊したのでレポートも兼ねたいと思います。

万座高原ホテルの方が万座プリンスホテルよりもリーズナブルです。
同じく年数が経っていますが、気になる程汚くはなかったです。
リゾートホテル!って感じではなかったですね。

温泉

女性用3つ、男性用2つ、混浴7つ!計12個の温泉があります。

万座プリンスホテルの源泉が「姥湯」1つなのに対し、こちらは4つ。
そのうち2つを混ぜてあったりと、お湯がとにかく楽しめる温泉です。

ご覧の通り、色がすごい。
写真右側の乳白色のお風呂がプリンスホテルと同じ、「姥湯」です。
そのほか、透明や黄色いお風呂も。

黄色なんてめずらしい!温泉でこの色は他では見ないですね~
温度もそれぞれ違いました。

景色もそれほど悪くないです。
プリンスホテルより立地が低い分、山に近く川のそばにあります。

混浴露天風呂とは別の百泉の湯も良かった!
川の目の前で、かなりいい雰囲気でした!

成分・泉質

色が全然違って面白~い。

ちなみに、掲示板の「温泉ソムリエの入浴ポイント」という箇所に、おすすめの入る順序、入り方などがあり、参考になりました。

  • 「姥湯」→「竜泉の湯」→「大苦湯」→「嬬取の湯」の順序だと温泉成分を身体に取り込みやすく、体があったまる
  • 酸性の強いお湯なので長湯せず、入ったり出たりを繰り返し徐々に体を慣らしていく
  • 硫黄成分が強いため、入浴後は体を洗い流す

これに従い入りました!

食事

こちらは夕食、朝食ともにビュッフェのみ。
内容はいたって普通で、ご当地感や特別感はあまりありません。

普通のビュッフェでした。
といっても小皿にすでに分けられているものを各自取っていくスタイル。

飲み放題プランもあり。

万座温泉地区はホテル以外に食事のできる場所がないため、宿泊先でしか食事をとれないのが残念。
飲み物か忘れてコンビニへ・・も無理です。草津まで行かないとないのでは・・?

飲み放題もたくさん種類がありました~

ビュッフェを部屋で食べるテイクアウトビュッフェプランというのもありました。

こちらの容器に好きな食べ物を好きなだけ盛って部屋で食べるようです。

しかし、どうせビュッフェ会場に来るならその場で食べたほうがお代わりできるし楽な気がするけど・・
料金は普通のビュッフェより安いですね。

まとめ

調査の結果、万座高原ホテルの方が温泉を楽しめる!!!

ただし、どうしてもビュッフェが嫌な方はプリンスホテルの方がいいでしょう。
どちらかに泊まればお風呂は両方入れますので、どちらの温泉も楽しめます。

でもね・・

万座高原ホテルに泊まって、大正解だと思いました!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA