一眼レフ

【一眼レフ初心者向け】センサーサイズって結局なんなの?

一眼レフ初心者の秘書です。

一眼レフを購入すべく、勉強中であります。

今回はセンサーサイズの話。
備忘録も兼ねてまとめました。

センサーサイズとは?

センサーサイズとは、デジタルカメラに内蔵されている、『光をキャッチして画像を作り出す、イメージセンサーの大きさ』のことである。
センサーサイズが大きければ大きいほどいいってことですか?大きいと何がいいの?

簡単に説明すると・・

センサーサイズが大きい事でのメリット

  • 画角が大きい
  • よりボケが大きくなる
  • 色彩が多く鮮やか
  • 暗い場所でも綺麗に撮れる

センサーサイズが大きい事のデメリット

  • ボディが重い
  • レンズが大きい

といったところでしょうか。

もう少し詳しく調べてみました。

センサーサイズの大きさと種類

センサーサイズの種類を大きさ順に並べました。

35㎜フルサイズ 36×24㎜
APS-Cサイズ 23.6㎜×15.8㎜
(canonのみ独自で22.3mm x 14.9mm)
マイクロフォーサーズ(4/3型) 17.2mm x 13mm
1型(コンデジ) 13.2mm x 8.8mm
1/2.3型(スマホ) 6.2mm x 4.7mm

一眼レフにもスマホのカメラにもセンサーサイズはあるのです。

センサーサイズが大きければ大きいほど画質もよく、ボケも綺麗に撮れ、画角も広い。
ふむふむ。

イラストで確認するとよくわかります。

でも、イマイチ、ピンとこない・・

ではでは簡単に説明します。

35㎜フルサイズ

昔、フィルムのサイズは35㎜でした。
なのでそれが今でも規格になっているのですね。

フィルムからデジタルになり・・
デジタルの機能で35㎜のセンサーサイズのカメラを作るのがとても大変なことだったそうです。

35㎜のセンサーサイズのカメラはとても高額でした。

そこで登場したのがAPS-C!

APS-C

APS-Cの誕生は、もっと安価に、コンパクトなものが欲しいというニーズに応えた製品をオリンパスが開発したのがきっかけでした。

フルサイズが高嶺の花なデジタル時代において、一時期はほとんどの一眼レフがこの規格をしようしていたそうです。

フルサイズより画質は劣りますが、低コストでコンパクトになります。
しかし、APS-Cに対応するレンズもかなり大きいのが難点・・

現在ではフルサイズが安価になっていく中、少し微妙な立ち位置になってしまいます。
NikonがD5000シリーズを中止するウワサもありますしね。

NikonのD5000シリーズに関してはこちらで記載してます。

【初心者向け】ニコンのカメラの種類をわかりやすく比較しました

APS-Cは大体のメーカーが23.6㎜×15.8㎜で出していますが、canonのみ独自で22.3mm x 14.9mmのサイズを展開しています。

マイクロフォーサーズ

さらにコンパクトなミラーレスを作るべく開発された規格。

フォーサーズとは、まんま4/3という意味。アスペクト比が4:3なのです。
昔のブラウン管テレビと同じですね。

ちなみに、フルサイズやAPS-Cは3:2です。

フルサイズの1/4の大きさだから、画質は劣ります。
しかし、レンズもかなりの小形化ができるため、長い望遠レンズもある程度の重さに抑えられます。

女性向けにはぴったりなんです。

私も現在使用しているオリンパスのミラーレスもこの規格です。

現在、オリンパスとパナソニックだけがこのセンサーサイズのカメラを開発しています。

1型(コンデジ)

1インチとも呼ばれます。

撮像素子に1インチ(1型)サイズのセンサーを採用しているという事です。

ボディの小ささの割に大きなセンサーサイズなので、コンパクトと高画質を兼ね備えたカメラ(あくまでコンデジ)ですね。

1/2.3型(スマホ)

1インチよりさらに小さいセンサーサイズ。

スマートフォンのカメラはほぼこのサイズですが、最近の進化したスマートフォンはレンズというよりこのセンサーサイズが大きくなってきているため、高画質な撮影が可能となっているのです。

フルサイズと比べると5~6倍も差がありますね。
ボディの大きさが違いすぎるので当然といえば当然ですが・・

見え方の違い

フルサイズと比べて、他のセンサーサイズがどう違うのか。
画質はもちろんの事ながら、決定的なのはレンズ上において同じ焦点距離でも画角が異なるということです。

つまり?

同じ距離でもセンサーサイズが大きい方がより広角に撮れるという事ですね。
センサーサイズが小さいほど望遠気味に撮れるってこと。

こんな感じなのです。

センサーサイズが異なる場合、同じレンズで同じ焦点距離を使用した場合でも、実際に写される画角が変わってしまうため、焦点距離の数値が参考になりません。

35㎜換算の話

基本は35㎜フルサイズ。

それに合わせて焦点距離を計算することを「35㎜換算」と呼びます。

このレンズ、焦点距離50㎜って書いて有るけど、APS-Cでだったらそうだなぁ…35mm換算したら75mm位ってことだな
なるほど、、結構望遠気味ですね?

こんな風に使います。

基本は35㎜フルサイズなのです。
大事なことななので2回言いました。

ちなみに、ざっくりとした35㎜換算の計算方法は

APS-Cなら1.5倍(canonは1.6倍)
マイクロフォーサーズなら2倍

となります。

つまりね?

APS-Cのボディ買うでしょ?

50㎜のレンズ装着するでしょ?

でも焦点距離75㎜で見えるってこと。

マイクロフォーサーズのボディを買ったら?

50㎜レンズで焦点距離100㎜で見えるってこと!

基本で標準がフルサイズなので、絶対的にそうなのです。

ややこしいですが、ちょっとずつわかってきました!!

じゃあ、マイクロフォーサーズのカメラで100㎜のレンズを使用したら、フルサイズ50㎜と同じ画角で撮れるってことですよね。
同じ画角で撮りたかったら最初からマイクロフォーサーズで撮った方がコンパクトでいいですね!
画角だけで言えばそうだな。しかし、フルサイズの方が暗い所でも撮れるし、F値が同じでもボケの量が違うんだぞ。
あ、そっか。50㎜レンズより100㎜レンズの方が長いから、物理的に焦点距離が長くなるってことは、よりボケが大きくなるんですね
その通り。

50㎜と100㎜では数字の通り、倍の長さがあるので、その分ボケが大きいのですね。
ボケは焦点距離が長いほど大きくなりますから。

Nikonのセンサーサイズ

おまけの話です。

Nikonの一眼レフにはDXフォーマット、FXフォーマットとありますが、これはNikonがセンサーサイズをこう名付けているだけなのです。

つまり。

35mmフルサイズ = 『FXフォーマット』
APS-C = 『DXフォーマット』

というわけですね♪
うーん、勉強になる。

っていうか、なんで独自に名称つけちゃうかな・・
ただでさえややこしいのに、余計わかりにくい。
初心者に優しくないよぉ・・

まとめ

今回勉強になったこと!

  • フルサイズは撮るにおいてはメリットが多いが、大きいので持ち運びが大変!
  • APS-Cという規格が衰退してきている・・
  • マイクロフォーサーズのフォーサーズとは4/3という意味!

センサーサイズについて、今まで漠然と捉えていただけで、きちんと理解していませんでした。
今回きちんと調べたおかげでなんとなく理解できたかな・・と思っております。

初心者が頑張ってまとめた記事ですので、まだまだ不足や間違ってる部分がありましたら・・ご指摘ください!

というわけで、結局初心者の私はどんなカメラを買えばいいのか?

今度こそ腕前と知識は初心者の自称カメラ女子、主婦目線のベストバイカメラを決めたいと思います!

 

【初心者向け】ニコンのカメラの種類をわかりやすく比較しました

カメラ大好き!カメラ女子の秘書です。

今回はニコンの一眼レフを買おうと思ったのですが、いろんな種類がありすぎてどれを選んだらいいのかわからない・・

DとZって何が違うの?
数字はどんな意味があるの?
初心者向けはどれを買ったらいいの??

そんな疑問を解消します。

DとZの違い

ニコンのカメラには機種の頭に「D」がつくものと「Z」がつくものがあります。

Dは一眼レフ
Zはミラーレス

なるほど。その違いですか。

 

ちなみに、「D」はデジタルのD。フィルム機ですと「F」となります。

ミラーレスは「M」じゃないんだね・・
なぜ「Z」かというと、性能を突き詰める姿勢をアルファベットの最後の文字に象徴したという事だそうです。

型番の数字の配列

「D」の後に数字が続きますよね。3桁、4桁、数字が大きいほど高性能なのでしょうか?
関係ないの?

 

いやいや、大いに関係あります。

ざっくり説明すると・・

1桁・・超高級機
2桁・・廃盤。4桁機が後継。
3桁・・ハイアマチュア機
4桁・・7000中級機、5000入門機上、3000入門機並

といったところです。

1桁以外は基本、左の数字が大きいほど高いクラスのカメラになります。
左から2番目の数字は世代数になっていて、D3000のモデルチェンジしたのがD3100という風になります。

大まかに分けて3分類、それぞれの中で数字の大きいものほど高性能になります。

ではもう少し詳しく解説していきましょう。

一桁機

D6

ニコンの1桁機最新モデル「D6」

値段がやばすぎます。
ボディだけでこの価格。うっかり間違えて買うことはないでしょう。
さすがプロ用高級機です。
これ以上の解説は特にいらないでしょう・・

3桁機

D850

D800シリーズ最新モデル。
高画素機ながら最高約7コマ/秒の連射性能も実現。

D780

D750の技術をフィードバックしたフルサイズ一眼レフカメラ。

D610

使いやすくバランスの取れた機種。
すべての人にお勧めできるフルサイズ機です。

D500

3桁シリーズは600~800が現行がフルサイズ機。500はAPS-Cサイズになります。

D5のDNAを受け継いでいるDXフォーマット最強モデル。
高い機動力とキレのある動作が自慢の機種です。

4桁機

D7500

D500に迫る性能をさらに軽快なボディに。
ハイアマチュアも納得の一台。

D7200

D7100の高性能と扱いやすいボディをそのままに、さらに性能アップ。
Wifi 搭載機です。

D5500

上位機種に迫る性能、軽量でコンパクトなボディ、扱いやすいタッチ式バリアングル液晶、Wifi 搭載、など実力派の一台。

D3400

上、中級機のスペックと写りをエントリー機ならではの大きさ、重さに。
最初の一歩には最高の一台。

まとめ

つまり、Dはデジタル一眼レフ機、Zはミラーレス

数字は大まかにわけて3種類、最初の数字が大きいものほど高性能で、2番目の数字は世代数。

ということがわかりました。

現行モデルだけをざっと紹介しましたが、世代の古い機種もいまだに現役で使ってる方も多いため、機種が多くて混乱しがちですが、これだけわかっていれば選ぶ際の目安になりますね。

値段も上位機種になるほど高くなっていくので、自分の腕と財布に見合った機種を選ぶのがポイントです。

最初からハイモデルを購入しても使いこなせなかったら意味ないですもんね。

では次回は、初心者だけど写真撮影が好きな普通の主婦の目線でベストバイカメラを決めたいと思いますっ!