iPhoneXの顔認証について

このエントリーをはてなブックマークに追加

しゃちょうです。

iPhoneXの入手(と売却)

待ち望んだiPhoneXをついに入手しました!

アップルストアでsimフリーの購入です。

が・・入手後すぐに売却することとなりました。

今日はその辺りのことを書きます。

iPhoneXの顔認証ってどうなん?

売却に至った理由の一番はロック解除のオペレーションのストレスです。

iPhoneXではホームボタンによる指紋認証に代わって、顔認証が導入されました。めっちゃ未来やんwktkと非常に楽しみにしておりました。

最初はよかったのですが、しばらく使うと(特に仕事中にチラ見するとき)にロック解除の作業にストレスを感じるようになりました。

なぜかというと、ロック解除の儀式として「正面からカメラを見る+指で画面をフリックする」というアクションが要求されます。

そこにストレスがあると1日にすごい回数のそれをやっているということがわかります。指紋認証だと感じることのないストレスです。スムーズさでいうと


ロックなし=ホームボタンの指紋認証>顔認証>パスコード認証


というかんじでしょうか。

顔認証の難しさ

今回iPhoneXを実際に触って学んだことは「本人を判別すること」と「本人にロック解除の意思があるかどうかを判別する」のは別のものということ。この両方をやらないといけない。前者に向けた顔認証の技術としては非常に完成度が高いのですが、その技術の見せつけありきで、後者に対しての有効な解がないままやっつけ的なUIになっており、結果的に指紋認証よりいけてない事になったんじゃないかと。自分的にはそれはアップル的じゃないのです。

結論としては、現時点では顔認証は指紋認証に劣っている、ということです。いちいちイラっとするということです。そのネガティヴを打ち消すほどのメリットがiPhoneXになにかあるかというと、全画面であることを活かしているアプリはまだないという判断をしました。カメラ性能の進化は捨てがたくはあったのですがデメリットが勝りました。

総括

慣れれればなんてことないのかもしれませんが、それに見合うメリットがない、今なら開封済みでも買値で売れるということを考慮すると、何のために慣れるまで我慢しないとないのかわからんのでそういう判断となりました。

はじめてPlusが出たときもデカすぎるという理由で一回売却しときながら、今となっては7Plusを愛用しているのであてにはなりませんが。

そんな感じですが、アップル好きです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA