2018年 11月 の投稿一覧

伊江島行ってきた

秘書です。

沖縄出張にて伊江島に行ってきました。

沖縄本島より船で30分ほどの距離にある島です。

海洋博公園から見えるたっちゅうの島・・
伊江島たっちゅうに上陸です!!!

アクセス方法

伊江島へは本部港からのフェリーで行きます。

通常運行だと1日往復4本。

私たちは11時本部港発に乗り、最終の16時伊江港発の船に乗る計画を立てました。

滞在時間4時間半です!
4時間半で伊江島をどこまで調査できるか!!

では早速行ってまいりましょう!

本部港

伊江港に到着したのはぎりぎり10:50頃。
慌ててチケット売り場へ走るも、空いてたためすんなり購入。

安心して乗船。

思っていたより大きい船!
本部港から伊江港までは約30分。

せっかくなので甲板へ出て綺麗な海を堪能しながら行きました!

デッキはこんな感じ~

本島よ、しばしの別れです・・!

 

大きな橋の下をくぐります。

おおぉ~~当たり前ですがぶつかりません。
こんなことで喜ぶくらいテンションあがってますw

 

伊江島が見えてきました!!!

近くまでくるとそこまでとんがってないんですね。

伊江港

伊江港に到着です。

なにがすごいって、海!!!
本部だってとっても綺麗ですけど、伊江港の海の色はすごい!
港の色ではない!!!

あっ、写真がない!

海の色に感動しつつ・・上陸!

伊江島マップはこんな感じ。

レンタサイクル

伊江港を出てまっすぐ歩くと伊江港ターミナル【はにくすに】があります。

↑の写真の建物ですね~

これを突っ切って進むとレンタサイクル屋が目の前にあります。

ここでレンタサイクルをゲット。

しかし・・後から自転車でなくバイクにすべきだったと激しく後悔。
坂が多いので自転車がきつい・・・!!

でもバイク料金が高かったの。車より高かった・・

レンタサイクル 1時間400円 1日1000円
レンタルバイク 1時間800円(滞在4時間半なので4000円・・!)
レンタカー(軽自動車)6時間まで3500円

車じゃつまらないしね。

というわけで自転車で出発!

伊江島は時計回りに回るらしいです。

寄り道

めざすはニャティヤ洞。

が、その前に素敵な別荘があったので今後の参考に近くまで見学に寄り道w
目の前がビーチでとっても素敵だった!
海に入ると11月とは思えない暖かさ。
海に入れる温度ですよ!

道端に咲くハイビスカス。

まさに夏!

そして雑草のようにそこらじゅうに地を這う朝顔。

もう一度言いますね。

11月です!!!笑

秋~春が一番沖縄らしい暖かさを感じられるのかもしれませんね。
夏は関東より涼しいですから。

そして所々で見かける不思議なこれ。

なんだろ?
島のあちこちで見かけます。

水を汲むのかな・・?

GIビーチ

ニャティヤ洞の手前にあったGIビーチ。

道路からこんな感じで海が見えたので・・・

わぁーー!良い!!すごく良い!!!と思ってビーチのほうへ降りました。

綺麗です。

伊江島は岩場が多い印象ですが、こちらは綺麗な砂浜。あまり大きくはないですが人も少ないのでプライベート感もあっていいかも。

ニャティヤ洞

伊江港から時計回りに出発し一番最初にある観光スポットがここ。

入っていくと断崖になってる海辺へ到着。

駐車場が完備、舗装され、階段も設備されています。

階段を降りると・・・

おおーー!!!

奥は御嶽になっているようでした。

なんとも言えない自然の神秘的な光景が広がります。

さらに奥へ行くと・・・

ハートの向こうに広がる青い海・・!!!

素敵!!!これは映えスポットですね!!!映えスポットというよりパワースポットでしょう。
パワーをもらってきました!

御嶽にはしっかりうーとーとぅしてきました。
(手を合わせてお祈りする事)

ここでドローンを飛ばしたかったのですが調子が悪く・・
30分ほど調整に時間を費やしてしまいました。

補助滑走路

次に向かったのは、今は使われていない米軍の補助滑走路。

地図でみるとなんてことないのですが・・

結構坂道が多く、しんどかった・・!!!

やっと到着です

ただだだっ広い道路・・・それに整備されてないからガタガタww

真ん中を走る社長。

がんばってーー!!

ここまでも長かったけど、滑走路も長かった・・・!!!!

伊江牛

走っててよく目にするのは伊江牛たち。

あちこちで飼われてますね。

こーーんな自然の中で育ったらさぞかしい美味しくなるんでしょうね・・

あ、でも肉山では伊江牛は出てこなかったなぁ。

⇒肉山の記事はこちら

湧出

ここまでかなり疲れました・・・

が、到着です!

伊江島の北側になります。

がけっぷち。水が湧いているらしいです。

展望台になってます。

展望台からもとっても綺麗ですが、少し下へ降りれますので、降りましょう!!!

 

こちらです!!!

すごい景色!!!!!

ものすごく綺麗だった!!!

島は自然がそのまま残っていてものすごくいいなぁ。万座毛とかも綺麗だけど、本当に手付かずというか・・自然がすごかった!

 

 

 

すんごく綺麗!

 

伊江島行ってきた!

11時本部港発11:30伊江港

16時伊江港発

滞在時間4時間半!

結構あるなと思って余裕こいてたら全然時間なくなった!

まずは伊江港。

とにかく海がきれい!港の色ではない!

レンタルサイクルを借りて出発!

この時にバイクをすれば良かったと激しく後悔‥

でもバイク高いw

車より高いw

車じゃつまらんし。

伊江島は時計回りにまわる!らしい。

その通りに出発!

すんごくいい場所に建ってる別荘を発見。

今後の参考に下見。ビーチも目の前で素敵すぎる・・

小ぶりの白い家。屋上部分は上がれるようになっててここで絶対バーベキューでしょ!

珊瑚を拾って写真を撮って。

海に全然入れた!あったかくて。

なんとか洞

なんとも言えずきれいで。

岩の間から海が見えて

岩のした?を歩いて

奥が御嶽になってて、うーとーとしてきました。

おとといの場所よりもはるかにパワーを感じるスポット。

岩のハートの間から海と空が見えて綺麗だった

ここでドローンの調子が悪く30分ほどロスタイム。

ドローンを諦めて次へ!

補助滑走路。

整地されてなくてガタガタ笑

長かったー!

ここまでも長かったけど、滑走路も長い!がんばりました~!!!

 

ワジ

伊江島の北側

がけっぷち。水が湧いているらしい。

ものすごく綺麗だった!!!

島は自然がそのまま残っていてものすごくいいなぁ。万座毛とかも綺麗だけど、本当に手付かずというか・・自然がすごかった!

 

伊江ビーチ

伊江ビーチから入ると有料なので野球場の横から入ります。

白くてとっても綺麗なビーチでした!

でも、白い砂浜というより珊瑚がごろごろしすぎてて足が痛かったw

 

たっちゅう

向かいながら時間を計算。

帰りの船が16時。

絶対に遅れられないので15時には登山の途中でも港に向かおうと約束をして、向かいます。

が!!!

山なのでずっとのぼり!!!自転車を押しながら上るしかなくてwwきつかった!

ネットには登山入り口から15分で山頂ですと書いてあったけど、登山入り口に辿り着くまでが!!!きつすぎる!!!

なんとか登山入り口についたのが14:45。

これはいくしかない!と、社長を置いてダッシュで山頂へ。

岩山を急な階段で上るんだけど・・

長い!!急だし!!

途中で何度も足がとまってヒーフーしてしまった。

でも、時間が無いからいそがねば!!!

必死の思い出山頂へ。

14:52分。7分で上ったぞ!!!!

iphoneの充電が残り2パーセント。なんてことでしょう!!!

時間も無いので急いで山頂にいた地元民に写真を撮ってもらって。

一眼レフでも写真を撮って。

山頂の景色は360度の大パノラマ!島を一望できて、青すぎる海の向こうには本島、なんとか島も見えて。

すんごい気持ちよかった!

これはがんばって登った甲斐がありました!!!

景色を堪能し、降りようと思ったら置いてきたはずの社長が登ってきたのでまた一緒に写真撮影。

社長とこの景色を見られてものすごく感動!!!

本当に本当によかった。

帰りはずっとくだりなのであっという間に港へ。

余裕で間に合いました~!

 

 

 

家島観光のポイント

時間に余裕があれば自転車でも

オススメは125ccのバイク!二人乗りで行けば絶対楽しそう!

車じゃつまらんし・・

自転車でゆっくり景色を眺めながらいくのも楽しいけど、起伏も多いのでバイクをオススメします。

レンタカーより高いけどww

 

伊江島よかった!

牛いっぱいいた!!

思ったより観光客がいましたね。¥

 

恩納リゾートホテルといえばここ!かりゆしでスパもご飯も大満足!

秘書です。

沖縄出張にて恩納村のリゾートホテル、沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパに泊まってきたのでレポります。

公式サイト

夜に到着しチェックイン。

恩納村は沖縄の中でも特別大きなリゾート地帯です。
なのでホテルの多いこと多いこと。

駐車場も多く広くて迷子になってしまいましたが無事に到着。

続きを読む

羽田空港空弁ランキング1位!の天むすとカツサンド食べました

秘書です。

出張のため早朝から羽田空港に来ています。

開店時間の6時にのぞいてみると、美味しそうな空弁発見!

早速購入して食べました!

空弁1位!ヨネスケのこだわり天むす

私の見る目ね!!(`・v・´) ドヤッ!

おいしそうと選んだ空弁は調べたらなんと羽田空港空弁おすすめランキング1位でした。

人気1位じゃなく・・スタッフおすすめ1位ですがww

特製!天つゆジュレ
「ヨネスケのこだわり天むす」は、駅弁・空弁に造詣が深く、書籍なども刊行しているタレントのヨネスケ氏の監修を受けて開発した、食べやすさにこだわった、飽きのこない5つの「味付け」をセットした新しい空弁です。
ブルースカイホームページより。

5種類の天むすが入ってます。豪華^^

ほたて、えび、えび胡椒、れんこん、とり

実物はこんな感じ。写真と変わらないですね。

こじんまりとしてて軽く食べるにはぴったり。

れんこんがシャキシャキで美味しかった!

5個入り 699円

 

浅草ヨシカミのロースカツサンド

浅草にある老舗洋食屋「ヨシカミ」のカツサンド
『旨すぎて申し訳ないス!』のコピーでおなじみの、浅草下町の洋食屋さん「ヨシカミ」のカツサンド。羽田空港限定の商品です。
ブルースカイホームページより。
3切れ入り 699円
パンが柔らかくて美味しかった~^^
辛子が利いててピリッと美味しい!カツと一緒に挟まってるコールスローもさながら、カツがサクサク!!
食べ応えありました!!

この2つがセットになってた!

最初にこのセットを発見したのです。

炭水化物同士のコラボ!!笑
美味しくないわけがない。

ホームページに載ってなかったのでもう販売していないのかしら・・(ブログ掲載は2019,3月時点)

セットでも良かったのですが、おいしそうだったので別々に購入しました。

お腹満足^^

美味しかったです!

一人ならセットでもよかったかも。

社長がいらっしゃったので半分ずついただきました。

 

恩納村に泊まるなら!ホテルへの送迎付き@沖縄民謡居酒屋ちぬまん

恩納村にある民謡居酒屋ちぬまんに行きました。

恩納村のホテルリゾート一帯にある居酒屋さん。
外観からしてもう、完全なる観光客向け。

ううむ。。どうしたものか。

しかし、民謡居酒屋に行きたい!というのとホテルへの送迎バス付きだというので行ってみました。

送迎つきならお酒も飲める^^

続きを読む

サクフワ美味すぎなサーターアンダギーと200円の激濃マンゴージュースならここへ行け!

恩納村の道の駅のサーターアンダーギーが美味しいらしいので連れて行ってもらいました。

社長は沖縄に来た際は必ず寄るんだそう。

私も沖縄はよく行きますがあまり知りませんでした。

【おんなの駅なかゆくい市場】

那覇空港より沖縄自動車道を通って53分。

続きを読む

名峰『肉山』吉祥寺は半年待ち!なので那覇まで行ってきました。

うわさの肉山へ行ってきました。

吉祥寺の本店は半年先まで予約が取れないとか・・

社長たっての希望で肉山那覇店へ!

予約

2名だったので1週間前ですぐ予約は取れました!

看板がない!

まず、看板がないので店が見つけにくい!!!

やっと見つけた!

こちらのビルの2階になります。

ビルの階段をあがると・・

ちょっと明るくて見づらいですが、『肉山』の表札。

手書き!笑
完全予約制なので看板を出す必要もないのですね~。

店内は広くなく、テーブル席とカウンターが少しずつ。

壁には芸能人のサインが。

よく見ると地元で活躍されてる方の名前が多く・・誰!?な感じでしたが。

通された席はこんな感じ。

広島産の藻塩、チリソース、柚子胡椒、ヤンナムジャン(韓国辛味噌)です。

メニュー

メニューはこちら。
肉のコースはひとつだけ。『お任せコース』のみ。

色んな肉wwww

飲み物

先にビールを注文。
別途5000円で飲み放題もつけられますが我々はバイオーダーに。

グラスかわいすぎる!!!!

『肉』へのこだわりすごい!!笑

↓は次に頼んだ泡盛。さすが那覇店。ちゃんと琉球グラス^^

来店するまで『肉山』は焼肉屋さんのスタイルかと思っており、自分たちで肉を焼くのかと思ってましたが大きな間違いでした。
じっくり丁寧に焼いたお肉を提供してくれるのです。
だから食べるだけ^^

やんばる豚のロース


広島の藻塩で食べるのがおすすめ。
8時間ゆっくり弱火で仕上げたそうです。

最初からうますぎ!!

ともさんかく 肩ロース

ロースうますぎ!!!

 

エリンギ

広島の藻塩がかかってるのでそのまま食べます。

これ!!うますぎる!

なんかプリプリしてる。むしてる?焼いた感じではないなぁ。

幹の部分がうますぎる!

びっくりするほどエリンギが美味しかった!!

ソーセージ

柚子胡椒かチリマスタードで食べます。

辛い方が合ってて美味しい!

ハーブっぽい。

きゅうりともずく

沖縄もずく大好き!すっぱくないのです!

きゅうりは肉味噌と梅がついてます。

お口もさっぱりリセット!

石垣牛のみすじ

とろける!うますぎる❤︎
塩&柚子胡椒が最強に合っておいしい!!

アスパラ

塩がかかってるのでそのまま。

焼き加減が絶妙!超シャキシャキ!

茎の部分なんて違う食べ物みたいにおいしい!

美味しすぎて夢中で食べてたら写真撮るの忘れましたww

本部牛のロースと石垣牛のいちぼ

ロースト絶品!

と、思ったら

いちぼがとろけすぎて!!いちぼ絶品でした。

しめの肉にぴったり!最高に絶品でした。

シメのカレーと卵ご飯。

カレーと卵かけご飯が選べるのですが、一個ずつ頼んでみました。

カレーは辛口濃厚カレー!
卵ご飯はごま油味。
どちらも美味しゅうございました。

美味しすぎて写真撮るの忘れてた!!!

完食^^

肉山登頂でーす!!!

まとめ

肉最高!!!!最高に美味しかった!
一人5千円とお高めですが、肉の量と質を考えればそこまでコスパは悪くないかと思います。

飲み物は飲み放題が別途5000円ですが、飲み放題にするには肉が美味しすぎてもったいない!!
飲み放題はおすすめしないですが、時間制限はなく、1品1品が案外ゆっくりなので1品につき1杯頼んでいたかもしれない・・

そう思うと飲み放題でもいいのかもしれません。

このシステムは埼玉屋と同じ!!!笑

→1時間半並んでも食べたくなる超絶品焼きトンの埼玉屋の情報はこちらから。

おいしかったですが、沖縄の肉使用しているので本店とはまた違うのでしょうか・・
やはり本店にも登頂せねばならないですね・・

店舗情報

 

関連ランキング:牛料理 | 牧志駅安里駅おもろまち駅

琉球ガラスの吹き体験といえば!元祖琉球ガラス村

糸満の琉球ガラス村に行ってきました!

沖縄の各地にあるガラス体験工房ですが、、やはり一番有名なのはここでしょう。

壁にあしらわれているタイルは琉球ガラスを使用したもの。綺麗です!

我々の目的はガラス体験。

午前、午後と時間が決められており、なんの下調べもなしに行ったので1時間ほど待つハメに・・

下調べはちゃんとしましょう。

受付

琉球ガラス村の吹きガラス体験の詳細はこちらから

受付時に自分が作るグラスの色を決められます。

社長は青、私は写真にはありませんがピンクを。

赤は特別な熱処理を施すため、高いんだそう。ピンクも少々お高めでした。

思ったより結構人数いましたね!早めに受付してよかったです。

そして待ってる間に予習。

ふむふむ。

吹きます

工場はこんな感じ。

おお~、本格的!!エプロン、軍手を手渡されます。

まずは職人さんが熱々ガラスを持って型に入れてくれます。

↓型

グラスのぼこぼこは型だったんですねー。

色はすでにガラスについていました。

そしてぷくーーーっとふくらまします。

この時点ですでにピンクなのがわかりますね。
職人さんからOKいただくまで吹きます!

 

それをくるくる回して冷やします。

ある程度くるくるしたとこで職人さんが回収。切り取ってくれます。

形を整えます

今度はお箸みたいなので、飲み口を広げます。

グラスをコロコロ転がしながら。

↓これはまず練習です。職人さんに教わりながらまず練習し・・いざ本番!

結構難しかった!

口がどんどん広がっちゃうのー!

上手くできたらはい、ポーズ^ ^

あっという間だったけど楽しかった!

出来上がりは2日後。

滞在中なら取りに来れたのですが来れそうになかったので別途1000円で発送してもらいました。

届くの楽しみ❤︎

追記

体験から5日後には届きました。

かわいい!素敵!!!

ピンクかわいい!青も綺麗でかっこいい!

同じ型で作ったのになぜ高さが違うのか‥

吹きが私の方が弱かったのか?

口も私の方が厚いです。

底には最初に決められた番号が刻まれてて、当日の事を思い出します^ ^

ステキな体験をありがとうございました

毎日使ってます!

超巨大!瀬長島のチムフガスで人気1番のハンバーガーはこれだ!

瀬長島に行って来ました!

瀬長島といえがリゾート感満載の島。
島といっても本島からすぐに橋で渡れます。
那覇空港のすぐ近く。飛行機が飛ぶのが良く見えます。

小さな島全体が『瀬長島ウミカジテラス』という人気スポットになっているようです。

リゾート感あふれる町並み、東シナ海を望む絶景、沖縄ならではのグルメやショッピングが楽しめる約30のショップが立ち並びます。

海から小高い丘に向けて広がる傾斜地をそのまま利用した敷地は、真っ白な壁面とヤシの木が気持ちよさそうに揺れてリゾート感たっぷり。
イタリアのアマルフィ海岸や、エーゲ海に浮かぶサントリーニ島をイメージしたというおしゃれな街並みが再現されています。

続きを読む