帆布でOD缶カバー手作りしてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンドメイド大好き!アラフォー女子の秘書です。

ハンドメイドはなんでも好きですが、好きなだけで得意ではありません。あしからず。

今回は、社長にオーダーいただいてOD缶のカバーをハンドメイドしました。

OD缶て、これね。

今回はこちらのスノーピークの250缶のカバーを作ります。

使用した帆布は8号生地です。

型紙作り

まずは型紙を作ります。

缶を採寸し、紐を通す部分、ぬいしろ部分を合わせるとこんな感じに。

底の丸い部分は缶を布に置いてそのまま測りました。

それにぬいしろ部分を足します。
この型紙に沿って裁断します。

今回は布の端っこを使用したので、上部折り返し部分のぬいしろ部分をカットしました。

折り返し部分はアイロンで折り目をつけていきます。

縫い方

丸底巾着の要領で、というか丸底巾着を作るのでその手順で塗っていきます。

太めの#30糸を使用しました。

  1. 横を縫い合わせる
  2. 紐通し口部分をコの字型に縫う
  3. 上部を縫う
  4. 丸底部分に切れ目を入れる
  5. まち針で底と本体をとめる
  6. 本体と底を縫い合わせる。
  7. 出来上がり

ポイント

  • 切れ目を入れるのは底の丸い布のみ。本体には切れ目を入れません。
  • まち針は縫う直前には外しましょう。しつけ糸をすればもっと綺麗に縫えます。
  • 底を縫う際は、円柱を転がす感じで縫っていきます

出来上がり

すっぽり入りました。

紐を通して完成。

帆布なので口を縛ると固いです。

まだまだ改良の余地あり。

まとめ

私自身、初めての帆布での製作でした。

布が厚いのでなかなか綺麗に縫えず苦戦しましたが、見た目はなんとか縫えて満足。

紐通し口の始末が布が厚いためにうまくできなかったのが心残りです。

家庭用ミシンではこれが限界かな?
それか手縫いすれば良かったかな。

次は、ペグ入れ、キャンプ用ウォールポケットの製作に取り掛かりたいと思います。

結構売ってるのねー。
知らなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA