低価格のホビードローンと最新ドローンの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

秘書です。

低価格のドローンと最新のドローン、どちらを買ったらいいのか悩んでたのですが、ドローン講座で最新のドローンを操縦できる機会があったので、行ってきました。

ホビードローン、最新ドローンは社長からお借りしました。

安物は買わない方がいいです。ある程度値段のするものの方が安定感があり、操作も簡単でした。

低価格のホビードローン

今回はこちらを使用しました。


6軸ジャイロマルチコプター

定価:11620円

・操作

水平には飛ぶが、空中で安定してくれないのでとにかく難しい!!
ラジコンヘリ並みです。

・動画、写真

microSDカード式

カメラは上下に手動で調整できるが飛行中は動かせない。
カード差し込み式なので、飛行中の映像の確認は不可。
後から確認するしかない。

・画質

荒。画像が準備できないまま飛行不可になってしまいました。すみません。

・耐久性

バッテリー一個で、5-6分飛行可能。
ドローンのプロペラ部の歯車がむき出しなので、使用して2週間、室内で墜落、宙返りを繰り返していたら歯車がポロポロtpれてくるように。
3週間ほどで飛行させるだけで歯車が外れて墜落、を繰り返すようになり、飛行不可になりました。
社長には謝りました。

・感想

とにかく安定させるのが難しい。慣れるまでは外で飛ばすのは危険。
あちこち飛んでいって墜落しまくる。
慣れると宙返り等できるようになるが、ドローンに宙返り機能が必要か?という事です。

 

最新ドローン

こちらこちらのドローンを使用しました。

PHANTOM 4 PRO+
参考価格:239000円

Mavic Pro
参考価格:129801円

・操作

スマホをコントローラーに接続し、カメラ映像を見ながら飛行も可(但し、基本は目視での操作です)
空中で安定して止まっていてくれるので操作は抜群に簡単!!

・動画、写真

操作の安定性が高いので、目標まで飛ばして画面を見て撮ることが可能。
カメラも上下左右にコントロールできるので、構図は自在に考えられる。

・画質

機械によるが、ホビードローンと比べると断然きれい!
↓実際に撮ったmavicでの写真

・耐久性

普通に飛ばしてて操作で墜落することがないので不明。
(水没や障害物等の事故を除く)
風が吹いても頑張って耐えてくれます・・が、負荷をかけさせるのは厳禁です。

・感想

空中で止まっててくれるのでとにかく操作が簡単!!
ポイントまで行って構図を確認して撮れるので思い通りの撮影が可能。

まとめ

買うなら、ホビードローンでもある程度良い物が良い。
安すぎるとすぐに壊れます。
但し、最新の低価格ホビードローンは未検証なので検証次第レポします。
最新のドローンは用途に応じて購入するのが良いと思います。
今回使用した二つで検討するなら、画質、撮影を優先するならPHANTOM 4 、収納性、携帯性を優先するならmavic・・といった具合でしょうか。

おもちゃで買うには高級品なので、私ならmavicより低価格のsparkを購入したいです。
それでも高いけどw

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA