スペインの航空会社のマイルを買う意味とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
JALで全国どこでも往復15000円で行けるようになります。(羽田発の場合。沖縄除く。)

スペインの航空会社のマイルを買う意味とは

知ってる人はだれでも知ってるし、知らない人はだれも知らない情報なんですか
黙ってるとなんで教えてくれないんですか!と秘書に怒られるので書きます。

スペインのGrouponで、イベリア航空のマイル(aviosと呼びます)が売られています。
イベリア航空なんてきいたこともないという方も多いと思いますが、スペインの航空会社です。

⇒https://www.groupon.es/deals/avios-1(日本のグルーポンとは別サイトです)

だからなんなんですか!早く教えてください。
すいません、いまから説明します。

・・・つまりこういうことです。

  1. Grouponでイベリア航空のマイル(avios)を買う。
  2. イベリア航空からイベリア航空からブリティッシュエアに移す。
  3. ブリティッシュ航空で特典航空券を探すとJAL便が表示される
  4. JALのチケットげっと

という「風が吹けば桶屋が儲かる」的なプロセスを経て
JALのチケットをとることが可能なのです。

国内線だとJALですが、国際線ならJAL以外にもワンワールド加入の各社のチケットを
とることが可能です。

なぜそんな回りくどいことをするのか?順を追って説明します。

購入方法

まずGrouponでイベリア航空のavios(マイル)を購入します。
価格は購入するavios数によって異なりますが8000avios購入するのが最もお得です。
(8000avios × 10枚まで購入可能です。)

8000aviosを購入すると99ユーロなので日本円で13,443円となります。(2017年12月9日現在)
つまり1avios=1.68円となります。この1.68円という数字は非常に重要なので覚えておいてください。

使い方

さて、購入したaviosをイベリア航空に置いたままにしても使い道がないのでブリティッシュエアに移管します。
これは無料でWEB上でできます。

そこまでできたら、ブリティッシュエアのサイトから、特典航空券を探してます。
やり方は簡単で、ExcectiveClubメニューから「Aviosを使って予約」を選ぶだけです。

発着地と日程、片道/往復を指定します。ここでは2月4日(日)東京(羽田/成田)-札幌、片道として検索してみます

都合の良い時間、クラスを選びます。
そうすると必要マイル数と手数料が出てきます。手数料は利用空港によって変わってきます。

羽田-札幌(片道)で4500avios(+280円)となります。
4500avios=4500×1.68円=7560円
この場合、国内線なのでエコノミーのみですが、国際線だとビジネスクラスやプレミアムエコノミーも利用可能です。
もちろんファーストクラスも。大人になったらいつか乗ってやります。

まとめ

つまりこんなかんじで

羽田発で大体全国どこでも片道7500円で行けます。
東京-沖縄(那覇) 片道12600円で行けることになります。
LCCよりの安いときよりは高いですが、普通に買うよりはずいぶん安いと思います。

当然、特典航空券なので、行きたいタイミングで取れるとは限らないのですが、
・(空いてれば)搭乗当日でもとれる
・出発24時間前まで変更、キャンセル可能
という点で非常に使い勝手がよいのです。

ちょいちょいgrouponに登場するので旅行積立的にaviosを購入して
ブリティッシュ航空のavios口座にいくらかおいておくのをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA